博士最強でいいよ、もう。

今週の少年チャンピオン「範馬刃牙」にて、愛しの烈師範が原人ピクルに右足ふくらはぎから先を食われました。。。

チャンピオンは少年誌だから食人表現とかはあり得ない、そんなふうに考えていた時期が私にもありました。

で、烈師範ががつがつやられている間にピクルの背後にペイン博士が忍び寄り麻酔を注射して昏倒せしめた、と。
そんな簡単にピクルをとめられるなんて、もう博士が最強でいいですよ。
特別連載時の「ピクル」で博士はピクルを止めるには警察では力不足、軍隊を呼べと言っていましたが今回は独力で止めちゃいましたね。。。

あーもう、秋田書店の漫画家は後先考えるということをしないのか、と最近のバキやシグルイを見て思うのでした。

今月のシグルイも凄かったですね。
左腕を失った藤木と破足になった伊良子それぞれが再起する過程が描かれるかと思ったら一転して舟木道場の様子が描かれ、ぬふぅ兄弟の性教育やらムキムキHTNRっ娘が登場するやら大変なことになりました。
チャンピオンREDが秋田書店の赤い核実験場の異名を持っていることを改めて認識させられました。

なんか漫画の感想が続いたので今週のヤングジャンプの漫画のそれも。

嘘喰いは「リスクゼロ、勝ったら一億円贈呈」というどう見てもおかしい賭けにチャレンジし見事に負けた(どうみても相手はいかさまを使っている)梶くんがすごすごホテルに戻ろうとしたところを伽羅たんに拉致され隠れ家につれてこられる、という話でした。
賭けに負けた梶ちゃんが今後何らかの危険にさらされることを見越して貘さんが伽羅たんに彼の保護を頼んだようです。
ルームメイトが増えたカールは大はしゃぎ、ツンデレの王者伽羅たんは先日夜行丈一にさんざん負け犬と罵られた腹いせか梶ちゃんを負け犬とけなします。
伽羅たんと梶ちゃんは直接の面識がなかったので強面の伽羅たんを見て梶ちゃんはたいそうおびえます。
でも大丈夫、伽羅たんは本当はとっても義理堅くて優しいから。
久々にわくわく、続きが気になる展開になってきました。

嘘喰い以外に最近特に注目している連載漫画がノノノノです。
「萌漫画っぽく見えたけどいっぱい人の生首が飛んでいくし、これはもっとおぞましい何かだったぜ」という漫画「エルフェンリート」でおなじみの岡本倫氏の新作です。
スキージャンプの天才である主人公は残念ながら女の子だったのでオリンピック参加権が無い、なら男装しちゃえば良くね?(ほんとはもっと複雑)というスポーツ・学園モノ漫画です。
作者の前作がアレだったので連載開始後しばらくはいつクビチョンパが出るか冷や冷やしていましたがそんなことはなく、主人公がかわいい女の子にうっかり女性物下着を身に着けているところを目撃され「女装癖をばらされたくなかったらマイスレイブになれ」と言われるわいきなりライバル格の選手とハングマンしはじめるわ今度はそいつと恋愛フラグたつわガチホモに襲われかけたところを返り討ちにするわご主人様と同棲をはじめるわ、斜め上最前線を走り続けています。
今度はアフロで身体能力抜群、性格はどうやら超自己中心的で主人公ノノの同棲相手のコロピー(コロピーの認識としてはノノは女装癖があるけど超美形で天才ジャンパーな彼氏、兼マイスレイブという扱い。ノノの性別はばれていない)の大ファンである尻屋潔先輩が登場。彼は自分の姓に大変なコンプレックスを持っていて姓名を呼ばれると暴力で返し、自分の事を皇帝と呼ぶことを周囲に強要します。
そんな尻屋くんが「俺と無断でコロピーと会話した奴はぶっ殺す」と言ったそばからノノとコロピーの間柄に気付いてしまい…というところで次号へ続く。

…はぁはぁ

自分で書いててわけがわからねぇ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック