さて。

三ヶ月近くほったらかしていたけど、まあそういうこともありますよね。

合法都市にアー様とかユンボル復活(?)とか。

最近は、あからさまに更新意欲が薄いこのていたらくでありまして。

今週のYJでは合法都市で一課のメンツの中にアー様(FE聖戦の系譜のアーダン)っぽいのがいたのが気になるところでした。
もうひとつ気になったのは広告に今月発売のウルトラジャンプでユンボルが読みきりとして復活すると書いてあることです。
どういうことなの…


そして今週の夜王は、最近になってアシスタントが描いたと思われるモブの女子学生や会社員の絵柄と井上先生がファッション誌からトレースしたと思われるホストクラブの客の絵柄を見比べることで大いに楽しむことが出来ます。
146~149ページにかけてのツインテールの女子学生のコピーっぷりのおかしさと、台詞の一切ない148~149ページ見開きのシュールさも良く機能しています。

スコーピオンに援軍として出向しているカリスマっぽいホスト陣の中ではアムロ似の彼が一番良い仕事をしているとのではないでしょうか。
153ページ上段のコマはずっと見ていると擬音の「わ~っ!!」がおかしく感じられてきます。
そして154ページ下段の決めゴマも良いですね。

森山開次さんのおかげでこんなに伸びました。

いや伸びたって言うのは嘘ですけど。

物凄くどうでもいい私のクセとして、「手を洗った後右手首の外側に泡が残りがち」というものがありました。
森山開次さんが振付を担当した「世界手洗いダンス」のおかげでその変なクセが綺麗さっぱり抜けました!
ありがとう開次さん!(リンク先重いんで気をつけてください)


ここ数週夜王にも精彩がなくYJが面白くなかったのですが今週の合法都市は新展開と新キャラ投入で非常に盛り上がりました。
タマちゃんのことは黒歴史として記憶の奥に封印するとして、また合法都市が楽しみになってきました。

松坂世代の最終兵器だったんじゃないんですかー…。

多田野投手にはがっかりですよ…。つよぽんにも。
せっかく二人水曜日に揃ったのに、仲良く炎上だなんて…。
応援してるんだからもうちょい応えて下さいよ…。


そういえば先週の夜王の感想をすっぽかしてしまいましたが、
修さんの新たな顔絵が登場してむしろ違和感をおぼえたというのが正直なところでした。

アグネスこわい。

街角で見かけた、困っている子どもを助ける。
たったそれだけの行為なんですけど最近はうっかり「あの人変態ロリコンです」と通報されやしないかと変なプレッシャーがかかるようになってしまいました。

せちがらい世の中やね…。

まさに嵐の前なのか。

近々台風が突っ込んでくるそうで何とも不穏な天候の中、権利を行使すべく選挙へ行ってきました。
…選挙結果が不安…


ところで昨日自宅前の運河をアカエイの夫婦(たぶん)が仲良く寄り添いながらほよほよ泳いでいるところを目撃しました。
なんとも珍しいですね。
ちょうど発情期なので人目もはばからず(といってもその場での目撃者は私だけでしたが…あれ、もしかして私が出歯亀なの…?)ハッスルしていたのか、台風の気配を察知して比較的荒れない水域へ愛の逃避行に来ていたのか。
ちっ、いずれにせよ軟骨魚類風情が見せ付けてくれる…
激写してやりたかったのですがあいにく撮影するための機器を持っていませんでした。

夜王第315話 ホストへの逆風 感想。

福盛が鼻血を出しながら好投しセーブを成功させた興奮の中やっつけ気味に今週の夜王の感想をば。

ミナミ繁華街浄化婦人会のおばちゃんたちはスコーピオンに適当にあしらわれヴィクセスに追っ払われロミオにやってきました。
遼介は例のごとくそこそこ紳士的に対応するものの、おばちゃんは店の入り口に陣取って営業妨害したりおばちゃん相手に接客する遼介にいきなり酒を浴びせたりと狼藉をはたらきます。
騒ぎを聞きつけた修さんが例のごとくダッと駆け寄りますが、そこでなんと修さんとおばちゃんのリーダーが親戚関係であったことが判明するのでした…。
画像
ちなみに知ってる人は知っていますが修(しゅう)さんの本名は修(おさむ)です。
おばちゃんの台詞は「しゅ…修(おさむ)ちゃん!」と読むのが正解です。
いやあこの展開はさすがに予測できなかったです。

最近の夜王では登場二週目に思い切り感じの悪い態度を取ってくる敵キャラとはやがて和解するのが様式美となっています。
このおばちゃんたちもやがてはロミオ及び遼介に陥落(おち)る運命でしょう。